プリンター

カードへの印刷

従業員証や会員証などを作成する場合、カードプリンタの活用が最適である。カードプリンタは、これらのカードへの印刷を専用としたプリンタであり、素早くカード発行することができる。少量の作成では、特にカードプリンタ利用が向いている。

詳しく見る

作業員

修理に出す前の確認

プリンターのインクが目詰まりした際、修理に出す前に試してみることがあります。様々な方法がありますが、試してみることで良くなることがあるからです。この場合、プリンターの説明書などを見ながら行うといいでしょう。

詳しく見る

トナー

お得なものを活用する

リコーのトナーを使っている会社は多いものです。消耗品だからこそ、できるだけ安く手に入れた方がお得です。それから、早急に納品してくれる業者を探しましょう。それには通販サイトがお勧めです。まとめ買いで割安になることもあります。

詳しく見る

3Dプリンター

最先端技術の活用

3Dプリンター導入には主に三つのメリットがある。まず一つ目は、実際の型を作ることによってデータ上では無かった問題点を発見できるということであり、二つ目は、模型を造るのに必要だった時間を大幅に削減できるということでだ。三つ目は、細かい工具を内製できるようになるということである。

詳しく見る

複合機

借りる際のポイント

オフィスにおいて、コピー機を借り入れることは一般的になっている。コピー機のリース相場は、1万円前後であるが機種などにより大きく変わることがある。白黒専用のものや、印刷スピードが遅い機種などでは安く借入することができる。

詳しく見る

少ない初期費用や手間暇

ウーマン

交換や再契約も可能

多くのオフィスが、コピー機を社内に設置して使用しています。業務でよく使うのでこれがないと大変不便でしょう。しかし、コピー機は本体の他に消耗品であるトナーなど使用する上で必要なものが多くあります。京セラなどの純正品を揃えるとそれだけ高いので、できるだけ安く導入したいと考えるのが自然です。そういったことによって、購入するのではなくリースで利用しているところがあります。なぜならリースでは初期費用が多くはかかりませんし、所有における各種手続きも不要だからです。具体的には、オフィス用のコピー機の新品を購入する場合には、100万〜150万円もの初期費用がかかります。機能によっては200万円を超えることもあるのですが、リースの場合はそれを月々5000円前後で利用できるのです。年間費用が約6万円ですから、耐用年数とされている5年間、ずっと使い続けたとしても、購入した場合よりも遥かに安くつきます。さらにリースした場合、コピー機の所有権はオフィスのものとなりません。リース会社の持ち物とされるので、減価償却資産としての手続きは、リース会社が行うことになります。つまり実際にはオフィスが利用しているにも関わらず、オフィスは所有者としての責任を持つ必要はないわけです。もちろん定期的なメンテナンスや、故障した場合の修理なども、リース会社に任せることができます。加えて、必要に応じて別のコピー機に交換してもらうことも可能です。リースには契約期間があるのですが、それが満了となった場合にも、その時点での最新機種などを選んで再契約できます。もちろん不要になればリーズ会社が引き取るため、オフィスが手間暇をかけて産業廃棄物として処分する必要もありません。このようにメリットが多いため、ほとんどのオフィスがリースのコピー機を選んでいるのです。

Copyright© 2018 コピー機のリースを比較【初めての人でも安心】 All Rights Reserved.